プロによる短期推奨銘柄 -Stock Invincible-
プロによる推奨銘柄Invincibleトップページ
プロによる推奨銘柄Invincible個人情報保護方針
プロによる推奨銘柄Invincible法令記載
プロによる推奨銘柄Invincible紹介銘柄実績
プロによる推奨銘柄Invincible ご案内 お申込み
 
■市況情報 他
■株価指数

最近のエントリー

カテゴリー

About 2006年11月

2006年11月にブログ「Stock Invincible -NewsRelease-」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。




(別ウインドウが開きます) Macromedia Flash Player
注目銘柄配信サービス(Invincible Report)をご覧頂くには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeReaderTM プラグインが必要です。
(別ウインドウが開きます) Macromedia Flash Player
Flash形式のファイルをご覧いただくには、マクロメディア社から無償提供されているFlash
 Player
プラグインが必要です。
 

 
 

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月 アーカイブ

2006年11月06日

市況展望 (2006.11.06)

■下方への圧力を試す展開か。抵抗線割れなら長期調整も。

前週の日経平均株価は週間で319円(1.9%)下落の16350.02円で終了した。
米国株安と、企業でのトラブルのニュースや今通期の慎重な業績見通しにより、利益確定売りが先行した形だ。
およそ3割の企業が中間決算を通過したが、堅調な上期実績に比べ通期見通しを慎重な見通しに据え置いていると見られるケースも多く、上値を買い進める力になっていない。
また、為替も円高基調につき、市場を牽引していた国際優良株から売られる形になっている。
一方で10月第4週まで外国人は一貫して買い超過と見られており、当該勢力が株価を下支えしている形になっている。

今週の相場であるが、下への圧力が強い状況だ。
米国株の上値が重く、週末もマイナス推移であることから、これまで一貫して買い勢力であった外国人のリスク許容度が低下している。加えて、今後出てくる中間決算が通期予想を強気に見るとも考えにくい。
週末には露骨と言える見せ板(一部約定させているので、厳密には見せ板ではない)も出て荒れ模様の先物市場だが、過去最高の5兆円台まで積み上がった裁定買い残の解消売りも警戒される状況だ。株価指数オプション11月物の特別清算指数(SQ)算出を週末に控え、今週も荒い動きとなることが予想される。
注目は10日発表の9月の機械受注統計だ。船舶・電力を除く民需は市場の予測平均値は前月比プラス2.1%となっている。

テクニカル的にも神経質な位置にある。
一目均衡表の-2δで止まっており、これを下割れすると調整が長引きそうである。短期的には売られすぎ感からリバウンドも期待できようが、直近の高値トライとなる本格的な上昇とならなければ、状況は却って悪化しそうだ。

上記のような状況を踏まえ、今週は注目銘柄の選出を見送った。
応募された方は来週へ繰越となる。



人気blogランキングへ
 

2006年11月12日

市況展望 (2006.11.12)

■神経質な展開の1週間。抵抗線割れなら長期調整へ突入か。

先週の日経平均は週間で237円下落(▲1.4%)の16112.43円で終えている。米国中間選挙や中間決算発表を迎えて慎重な見方が広がり売りが優勢となった。
また、先週末に発表された機械受注統計は、もともと市場予測との乖離のある指標ではあるが、予想を大きく下回る結果となった。次回発表時には上振れすることも期待できるが、概要は以下のとおりとなり、先行き不安感が色濃くなった。尚、内閣府は機械受注について 「 一進一退 」 と下方修正している。
 

・機械受注総額 ( 季節調整値 ):前月比▲13.0 %
・民需:前月比▲0.4 %
・官公需:同▲5.1 %
・外需:同▲30.9 %
・代理店:同▲14.5 %
・ 船舶・電力を除く民需 」 :前月比▲7.4 %
(うち、製造業は同▲3.2 %、非製造業 ( 除く船舶・電力 ) は同▲10.1 %)

 
今週の株式相場は14日発表の7―9月期の国内総生産(GDP)を控えて神経質な展開になりそうだ。
民間調査機関25社の予想平均は物価変動を除いた実質ベースで前期比0.2%、年率換算で1.0%のプラスとなっている。
ただ、ここにきてマイナス予想をする機関も出てきており、空気は悪い。テクニカル的にも正念場に位置していることから、結果によっては市場心理が急速に冷え込むことが予想される。
日経平均株価が1万6000円台を維持できるかが焦点になろう。
その他の注意点は13日の消費動向調査、16日の日銀総裁会見がある。特に年内利上げの方向が色濃くなれば、株価下方圧力が強まるが、あおぞら銀のIPO後の銀行株に資金が向かう可能性は押さえておきたい。

需給面でも逆風だ。14日には東証一部に先述のあおぞら銀行の再上場を控えている。
売り出し価格は570円。時価総額は9400億円規模と見られ、NTTドコモ以来、最大規模の上場となる見通し。
アコーディアゴルフなど、直近大型IPOが低調なだけにこの資金が集まるかが注目される。

テクニカル的にもエントリし難い状況だ。16000円付近の一目均衡の雲上限を割ることになれば、調整が長引くと予想される。
新興市場もジャスダックなども最安値を窺う展開である。
ただし、テクニカルリバウンドは期待できる。

今回は個別材料株を取り上げた。
短期決戦で臨みたい。



人気blogランキングへ
 

2006年11月20日

市況展望 (2006.11.19)

■依然として神経質な展開。買い材料に乏しい。

先週の日経平均株価は20円(0.1%)下落の16091.73円。
7―9月期GDPが市場予想を上回り、一時は買い優勢となるも、その後は戻り売りに押され、米国株高と対照的に日本株の上値の重さを露呈した。
依然としてエントリしづらい状況だ。

今週の中間決算発表は、20日の三菱UFJフィナンシャル・グループやみずほフィナンシャルグループなど金融機関が注目。
ある程度の好決算は織り込み済みと見られ、逆に不満足な内容だと一気に市場心理を冷やす可能性もある。

今週の株式相場は依然として神経質な展開となるだろう。日経平均先物の記録的な建て玉から、解消の方向に向かうとな
ると当面弱含みとなるであろう。

テクニカル的にも、日足でみた一目均衡表の雲入りなど、特に買い出動するタイミングではない。
世界株高に乗り切れない日本株に対する失望感も高まっている。

人気blogランキングへ
 

2006年11月27日

市況展望 (2006.11.27)

■厳しい局面続く。買い材料に乏しい。

先週の日経平均株価は▲357円(2.2%)の15734.60円で終えた。ほぼ2カ月ぶりに1万6000円を割り込む水準であり、日経平均採用銘柄のPERは18.17倍まで低下している。

高水準の裁定買い残による需給懸念に加え、企業業績の上方修正が小幅にとどまったことが、日本市場の失望感に拍車をかけた形だ。

テクニカル的には9月25日の取引時間中安値(1万5513円)を試す展開になろう。

国内景気に関する足踏み懸念が強まっており、今週も買いづらい展開だ。米国の年末商戦への期待が測られる展開にもなろう。

新興市場は大型株より期待は出来るものの、先週末の上昇はテクニカルリバウンドの域を出ていない。
ただし、円高基調が続けば、国際優良株から小型株への資金シフトは期待できるであろう。
新興市場は中間決算で相次ぐ下方修正が見られたが、それらもほぼ一巡してきており、見直しで資金が向かうことを期待したい。

全体への好材料としては、今週から実質12月相場入りするための需給改善がある。ただし、外国人の日本市場への投資縮小が鮮明となっており、12月から積極的に動いてくるかは疑問が残る。

尚、globexは15620.0円となっており、ギャップダウンからの厳しいスタートとなりそうだ。

以上の状況を鑑みて、今週の注目銘柄の選出はない。

先週末までにお申し込みいただいた分は、次週繰越となります。

 

                              過去実績銘柄 →
注目銘柄リスト配信サービスお申込みへ→


人気blogランキングへ
 

2006年11月30日

実績情報を更新しました。

■実績情報を更新しました。

Stock Invincibleの実績データを更新しました。
地合の変化により昨年までのパフォーマンスには劣りますが、JASDAQ指数他と較べてると依然として高パフォーマンスであることがご理解いただけるかと存じます。

 

                              過去実績銘柄 →
注目銘柄リスト配信サービスお申込みへ→


人気blogランキングへ
 

| HOME | Privacy Policy | 法令に基づく表記 | 紹介銘柄実績(最新) | 紹介銘柄実績(過去) |
| 市況情報 他 | 株価指数 | ご案内・お申込み |