プロによる短期推奨銘柄 -Stock Invincible-
プロによる推奨銘柄Invincibleトップページ
プロによる推奨銘柄Invincible個人情報保護方針
プロによる推奨銘柄Invincible法令記載
プロによる推奨銘柄Invincible紹介銘柄実績
プロによる推奨銘柄Invincible ご案内 お申込み
 
■市況情報 他
■株価指数


(別ウインドウが開きます) Macromedia Flash Player
注目銘柄配信サービス(Invincible Report)をご覧頂くには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeReaderTM プラグインが必要です。
(別ウインドウが開きます) Macromedia Flash Player
Flash形式のファイルをご覧いただくには、マクロメディア社から無償提供されているFlash
 Player
プラグインが必要です。
 

 
 

« 市況展望 (2006.11.06) | メイン | 市況展望 (2006.11.19) »

市況展望 (2006.11.12)

■神経質な展開の1週間。抵抗線割れなら長期調整へ突入か。

先週の日経平均は週間で237円下落(▲1.4%)の16112.43円で終えている。米国中間選挙や中間決算発表を迎えて慎重な見方が広がり売りが優勢となった。
また、先週末に発表された機械受注統計は、もともと市場予測との乖離のある指標ではあるが、予想を大きく下回る結果となった。次回発表時には上振れすることも期待できるが、概要は以下のとおりとなり、先行き不安感が色濃くなった。尚、内閣府は機械受注について 「 一進一退 」 と下方修正している。
 

・機械受注総額 ( 季節調整値 ):前月比▲13.0 %
・民需:前月比▲0.4 %
・官公需:同▲5.1 %
・外需:同▲30.9 %
・代理店:同▲14.5 %
・ 船舶・電力を除く民需 」 :前月比▲7.4 %
(うち、製造業は同▲3.2 %、非製造業 ( 除く船舶・電力 ) は同▲10.1 %)

 
今週の株式相場は14日発表の7―9月期の国内総生産(GDP)を控えて神経質な展開になりそうだ。
民間調査機関25社の予想平均は物価変動を除いた実質ベースで前期比0.2%、年率換算で1.0%のプラスとなっている。
ただ、ここにきてマイナス予想をする機関も出てきており、空気は悪い。テクニカル的にも正念場に位置していることから、結果によっては市場心理が急速に冷え込むことが予想される。
日経平均株価が1万6000円台を維持できるかが焦点になろう。
その他の注意点は13日の消費動向調査、16日の日銀総裁会見がある。特に年内利上げの方向が色濃くなれば、株価下方圧力が強まるが、あおぞら銀のIPO後の銀行株に資金が向かう可能性は押さえておきたい。

需給面でも逆風だ。14日には東証一部に先述のあおぞら銀行の再上場を控えている。
売り出し価格は570円。時価総額は9400億円規模と見られ、NTTドコモ以来、最大規模の上場となる見通し。
アコーディアゴルフなど、直近大型IPOが低調なだけにこの資金が集まるかが注目される。

テクニカル的にもエントリし難い状況だ。16000円付近の一目均衡の雲上限を割ることになれば、調整が長引くと予想される。
新興市場もジャスダックなども最安値を窺う展開である。
ただし、テクニカルリバウンドは期待できる。

今回は個別材料株を取り上げた。
短期決戦で臨みたい。



人気blogランキングへ
 

| HOME | Privacy Policy | 法令に基づく表記 | 紹介銘柄実績(最新) | 紹介銘柄実績(過去) |
| 市況情報 他 | 株価指数 | ご案内・お申込み |