プロによる短期推奨銘柄 -Stock Invincible-
プロによる推奨銘柄Invincibleトップページ
プロによる推奨銘柄Invincible個人情報保護方針
プロによる推奨銘柄Invincible法令記載
プロによる推奨銘柄Invincible紹介銘柄実績
プロによる推奨銘柄Invincible ご案内 お申込み
 
■市況情報 他
■株価指数


(別ウインドウが開きます) Macromedia Flash Player
注目銘柄配信サービス(Invincible Report)をご覧頂くには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeReaderTM プラグインが必要です。
(別ウインドウが開きます) Macromedia Flash Player
Flash形式のファイルをご覧いただくには、マクロメディア社から無償提供されているFlash
 Player
プラグインが必要です。
 

 
 

« 実績情報を更新しました。 | メイン | 市況展望 (2006.12.11) »

市況展望 (2006.12.04)

■新興市場の短期売買に妙味か。

先週の日経平均株価は週間で587円(3.7%)上昇の16321.78円で終えている。
10月高値から11月安値までの下げ幅(1085円)の半値戻しを達成し、11月16日以来の16300円台回復である。

非常に神経質な展開であったが、とにもかくにも先週はリバウンド継続となった。前週までの海外ファンドの決算対策売りがピークアウトし、野村ラッセルなどの定期見直しによるリバランスなどにより切り返しを見せ、米国のGDP上方修正などが
リスク許容度を増し、追い風となった。

25日移動平均線も約1カ月ぶりに上回っている。


今週の相場は週末の先物・オプションSQ(特別清算指数算出日)や4日の7―9月の法人企業統計、6日に10月の景気動向指数などの各種指数発表が予定されており、全体的に膠着感のある相場は依然継続されると見る。

ただし、新興市場はマザーズが25日線を抜けての好形であることや、SQなどの思惑の影響が限定的なのでやや有利か。
今週から本格的なボーナスシーズンを迎え、個人マネーが株式市場に流れ込むという思惑も追い風だ。

一方でIPOも6社あるため、これをこなすことができるかが直近の新興市場の強さを測ることになる。

尚、SQ抜けは警戒緩和から上昇へトレンド転換することも期待できよう。
中長期派は週末出動か。

一方、為替は円高・ドル高が進行しそうだ。
そうなった場合、輸出関連株は敬遠し、銀行・小売りなどの内需関連に狙いを定めた方が良いだろう。
定石に従うことが、結果として勝率を高める。

 

                              過去実績銘柄 →
注目銘柄リスト配信サービスお申込みへ→


人気blogランキングへ
 

| HOME | Privacy Policy | 法令に基づく表記 | 紹介銘柄実績(最新) | 紹介銘柄実績(過去) |
| 市況情報 他 | 株価指数 | ご案内・お申込み |